不動産担保ローン応援情報

不動産担保ローンとは、不動産を担保としてお金を借り入れることで、この不動産は抵当権、根抵当権、質権の3種類に分けられます。

不動産担保ローンとは、借金をする時に土地や建物を担保としてお金を借りる仕組みのことです。

不動産を担保とすれば、お金を融資した側としては、万が一返済がストップしたときに、担保としていたものを売却し、融資を回収することが出来るので、金融機関としてはリスクを低く抑えながら融資が出来るシステムになっています。

担保を売却するときも不動産なら買い手が多いので売却もしやすく、また確実に債務の穴埋めが出来るので、美術品などの動産より確実性があるものとして見られています。

また融資を受ける側としては、不動産担保ローンは、通常の融資より審査のハードルが低いので借り入れしやすい方法となっています。

加えて不動産担保ローンは低金利が大きな特徴ですので、長期利用も可能なのです。

当然のことながら、その不動産の資産価値が高ければ、融資限度額も高くなりますが、資産価値が低ければ融資できる金額もそれなりとなります。

不動産を担保するには、金融機関が担保を3種類に分類し設定します。

一つは抵当権、もう一つは根抵当権、もう一つは質権です。

抵当権とは、もし債務不履行になったときに担保物件を競売にかけてそれで得たお金を返済に充てることが出来る権利を意味します。

この抵当権は一回の融資の契約で消滅します。

しかし根抵当権は違います。

債務不履行時に行なうことは抵当権ときと同じですが、根抵当権は抹消しない限り継続する権利となっています。

質権は債務者がお金を完済するまで不動産を預かり、もし債務不履行となれば処分して返済に充てることができる権利を意味しています。

ちなみに抵当権には順位があり、もし複数の政務者が同じ不動産を担保とし抵当権を設定しているなら、上位の抵当権者が優先で債権の回収が出来る仕組みとなっています。

Comments are closed.