不動産担保ローン応援情報

不動産担保ローンとは、不動産を担保としてお金を借り入れることで、この不動産は抵当権、根抵当権、質権の3種類に分けられます。

一般的に、お金を借りるときは保証人が要ります。

保証人の役目は、万が一お金の返済が出来なくなった時、保証人が本人の代わりとなって返済を行ないます。

では不動産担保ローンには保証人が必要なのでしょうか。

答えは、ノーです。

不動産担保ローンは保証人が不要です。

なぜなら、不動産が担保となっているので、万が一お金の返済が出来なくなった時は、金融機関は不動産を売ってそのお金を返済に充てることが出来るからです。

つまり、不動産が保証人の代わりであるといえるでしょう。

それで保証人不要ということで、不動産担保ローンは、人気の融資方法となっています。

ローンの中には、無担保ローンというものもあります。

これはその人の信用度だけでお金を貸し借りします。

それでその人の信用度が低ければ借りれるお金の額は低くなります。

しかし不動産担保ローンは、その人の信用度プラス不動産が担保となり、不動産の資産価値が高ければ無担保ローンのときよりもさらに多くの金額を融資してもらえます。

また保証人が要らないので、人に知られることなく融資をしてもらえるというメリットもあります。

最近「おまとめ」という言葉が聞かれるようになりました。

これはあちこちで借りていたお金を一箇所にまとめ、なおかつ金利が低いところでまとめ、そこに返済をするという方法です。

この「おまとめ」にも不動産担保ローンが利用されることが多くなりました。

この時にも金額が高くても、不動産があれば保証人は要りません。

土曜日, 9 8月 2014 on 保証人不要.

Comments are closed.