不動産担保ローン応援情報

不動産担保ローンとは、不動産を担保としてお金を借り入れることで、この不動産は抵当権、根抵当権、質権の3種類に分けられます。

不動産担保ローンの審査が通りやすい人と通りにくい人がいます。

まず、審査の際に、債権者の身辺をチェックされます。

過去に借り入れの履歴があるか、どうかです。

もし今回が初めての不動産担保ローンで過去にお金を借りた経歴がなければ審査は通りやすいでしょう。

また過去に借り入れがあったとしても、返済の遅延がなければ借りやすいです。

しかし、遅延があるとなると審査が通りにくくなるででしょう。

さらには今、借り入れ金額がいくらかどうかもチェックされます。

これも今回が初めての場合は、審査が通りやすいですが、もう既に違う会社から借り入れがなされていて、さらに不動産担保ローンをしてもらいたいとなると、審査が通りにくくなるのが現実です。

さらに、お金の使い道の審査が行なわれます。

何の目的の借り入れかを調べられるというわけです。

それで過去の不安定な事業の資金のための不動産担保ローンの借り入れであれば、審査は厳しくなりますが、もしお金の使い道が、事業ではなく、自分のマンションを持っていて定期的な収入があり、ただ相続税を支払うためにお金が必要だという場合は、審査が通りやすいでしょう。

また個人情報もチェックされますが、安定した収入があるかどうかも審査に響いてきます。

さらに会社での立場や年齢が、安定したもので、年もそれなりに上をいっているなら審査に通りやすいことでしょう。

勤続年数が長ければ長いほど、審査が通りやすいと言えます。

逆にコロコロ仕事を変えているとなると、信頼性が乏しくなります。

火曜日, 1 7月 2014 on 審査項目.

Comments are closed.